福岡市男女共同参画推進センター アミカス

amikas facebook

TOP  >  イベントガイド  >  無料映画上映会「至上の掟」

2011-06-25 (土)
無料映画上映会「至上の掟」


無料映画上映会「至上の掟


トルコ映画史上、最もすばらしい映画!
第18回(2008年)アジアフォーカス・福岡国際映画祭 観客動員数No.1!


 

重いテーマですが、美しい海を航行しながらの逃亡生活はスリリングで、
最後まで目が離せませんでした。(40代 女性)

レイプというのは「魂の殺人」。世の中にはこんな辛い経験をする女性がいる
のですね・・・。多くの女性に観てもらいたい作品です。(30代 女性)


未婚の娘メルイェムが何者かに強かんされる。
村の掟として、家族の名誉を汚した彼女は死を強要されたが、自殺しなかった。

そこで、村の長老は自分の息子ジェマルに、メルイェムをイスタンブールへ
連れていって殺すように命じる。
しかし、ジェマルは彼女を殺すことができず、2人の逃亡生活が始まった。

そんなとき、2人はヨット暮らしの魅力的な大学教授イルファンに出会い・・・

ラストで衝撃の真実が明かされる!

(2006年/トルコ/105分/日本語字幕)



個人の命よりも家族の名誉を重んじる社会。
強かんされた女性は家族の名誉を汚したとして、自殺しなければならない。

トルコの美しい自然をバックに、家父長が絶対の力を持つトルコ社会の問題を
スリリングに描いた作品。

 本国では「トルコ映画史上最もすばらしい映画のひとつ」と賞賛された。

日本では、第18回(2008年)アジアフォーカス・福岡国際映画祭でしか
上映されていない。
当時立ち見が出たほどの人気作品で、その年の観客動員数No.1を誇った
作品である。


監督:アブドッラー・オウズ

 託児は締め切りました。参加ご希望の方は、当日、直接会場にお越しください。


★日時:
2011年6月25日(土)
  
 午前の部 10:00~12:10

 午後の部 14:30~16:40

★場所:アミカス 4階ホール

★定員:各回150名(先着順)

★託児:6か月から就学前まで、無料(おやつ代100円)
     ※託児申込み締切り6月16日(木)

※託児は締め切りました。

★申込み:
参加ご希望の方は、当日、直接会場にお越しください。

下記申込みフォームより、住所、名前、電話番号、希望の回、2名以上申込みの場合は希望人数、託児希望者は子どもの名前と年齢を記入のうえ、お申し込みください。後日、入場整理券を発送します。

★申込み・問合せ先:
福岡市男女共同参画推進センター・アミカス
〒815-0083 福岡市南区高宮3-3-1
TEL:092-526-3755 FAX:092-526-3766

★主催:福岡市男女共同参画推進センター・アミカス
     アジアフォーカス・福岡国際映画祭実行委員会

この事業は、アミカス男女共同参画週間事業、アジアフォーカス・出前映画祭として行っています。

※毎年9月に福岡で、アジア映画を集めたアジアフォーカス国際映画祭を開催しています。
※毎年6月23日から29日は男女共同参画週間です。



添付ファイル
 pdf 至上の掟チラシ.pdf
参加人数

女性:377人

男性:102人

コメント

 普段あまり見ることができないトルコ映画ということで、多くの方にご参加いただきました。トルコの美しい自然と音楽をバックに、強かんという重いテーマを深く考えさせられる内容でした。
 強かんはトルコだけで起きているわけではなく、日本でも、そして、ここ福岡でも発生しています。この問題に1人でも多くの人が気づき、苦しむ女性がいなくなるよう願っています。


(参加者からの主な感想)
・海の青さと、人間としての切なさをしみじみと感じる、すばらしい映画でした。また、最後に流れる音楽が良かったです。
・こんな映画を生まれて初めて見ました。すべての人に見せてあげたい、力強い映画でした。清々しく自分も生まれ変わった気分を味わっています。
・きれいな映像と情感、習慣や環境の違い... さまざまな想いで見せていただいた素晴らしい鑑賞会でした。なかなか見る事ができない内容の映画を、こういう形で気軽に鑑賞でき、感謝です。
・性犯罪にあって自分が悪いと思ってしまう主人公の気持ちがよく分かりました。考えさせられました。
・犯されて、その心の内を誰にも言えない少女の苦しみは、映画の中だけではないと思った。今の日本にもあるのでは?
・一生消えないキズってこと、男性はわかってほしい。
・重いテーマでしたが、知ることができてよかったです。村の掟とは誰を守るためのものなのか、誰が必要としているのか。これは女性差別を超えるテーマがあった気がします。

 

 

添付ファイル

映画「至上の掟」アンケート結果.pdf