福岡市男女共同参画推進センター アミカス

amikas facebook

TOP  >  イベントガイド  >  ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)セミナー

2011-02-07 (月)
ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)セミナー

ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)セミナー

企業における ワーク・ライフ・バランスや

                子育て支援の取り組み 

 近年、共働き世帯の増加や雇用形態も多様化する中で、企業にとって生産性の向上や社員・職員の仕事と生活(家事・育児・介護等)の両立が重要な課題となっています。
 今回のセミナーでは、福岡市におけるワーク・ライフ・バランスや子育て支援に関する気運を一層高めることを目的に、九州大学大学院経済学研究院准教授 遠藤 雄二さんを迎え、ワーク・ライフ・バランスの重要性について、国際的視野からその現状と課題についてご講演いただきます。
 また、企業における子育て支援や女性の雇用拡大・活躍の場の提供など、具体的な取り組みについて、先進企業から紹介していただきます。


★日 時 平成23年2月7日(月)13:30~16:00

★会 場 福岡市男女共同参画推進センター・アミカス ホール

★内 容 第1部 基調講演 13:30~14:15

          講師:遠藤 雄二さん (九州大学大学院経済学研究院准教授)

                  第2部 パネルディスカッション 14:15~16:00

                 パネリスト: 高木 寿賀子さん (マツダ株式会社:HRビジネス支援部
                                HRサービスセンターマネージャー)

                                     田籠 喜三さん (富士通株式会社:ソリューション事業推進部
                                     人事部 担当部長)

                                     前田 正学さん (大和証券株式会社:人事部長) 
 
      
 コーディネーター:遠藤 雄二さん (九州大学大学院経済学研究院准教授)

★定 員 150名(申込み先着順)

★対 象 企業・事業所関係者及び関心のある方

★託 児 6か月から就学前まで、無料(おやつ代100円)*1月27日(木)締切

★申込方法 
 電話、FAX、Eメール、アミカスHPの申込みフォームにより、住所・氏名・電話番号、託児希望の方はお子様の名前と年齢をお知らせ下さい。

                    

  


添付ファイル
 pdf ワークライフバランスセミナーチラシ.pdf
参加人数

女性:93人

男性:100人

コメント

● コメント
 このセミナーは、福岡市・福岡市企業同和問題推進協議会・福岡市次世代育成支援推進協議会が連携し、ワーク・ライフ・バランスをテーマに実施しました。企業向けのセミナーのため、例年一般の方々の参加が少なかったのですが、今回は約60名の方に参加いただきました。また、参加された方のアンケートでは、パネルディスカッションに関する感想が多く寄せられ、各企業それぞれのワーク・ライフ・バランスに対する現状や取組について考えていただく良い機会になりました。

(参加者からの主な感想)
・自社においても近年ワーク・ライフ・バランスへの取組みが活発になり、良い面と課題と双方を抱えているなかで、他社様の事例を聞き、課題面について、どこも同じような悩みを持っていることを知り、大変参考になりました。これからも様々な企業が取り組み等を公開し、共有していくことで日本全体の取り組みとなり、生産性の高い日本に戻れたらいいなと思いました。
・ロールモデルの女性層が少ない。現在自分が短時間勤務を利用していて、今後若い人達にも同じ立場に立つ時に支えてあげたい…等々、同感できるお話があり、私も頑張ろうと思います。
・各企業がどの様な取り組みを行っているのか、どういった努力をしてきたのか、今回聞いた事を少しずつでも参考に取り組めたらと思います。
・ワーク・ライフ・バランスの具体例を、なぜそれが運用できるのか(どういう考えのもとにあって)会社と社員にどのようにWin Winなのかという仕組みを知りたかったです。
・トップ企業の方の比較的生の話が聞けたと思う。どこも定着に苦労されているのがわかった。
・パネリストの方が大企業の方なので中小および大企業の支社、支店にどの様に浸透させるかという観点からのお話が欲しかったです。
・企業においても様々な取組を行っているが、それぞれの実情もあり、なかなか定着させるまでは時間がかかることもわかった。
・仕事のスタイルの多様性を認めることが、ワーク・ライフ・バランスのとりやすさにつながる。
・仕事にかける時間をただ生活に回すだけでなく、地域活動や子の教育に還元していかなければいけないという視点は、たいへん勉強になりました。
・パネルディスカッションもなかなか他社の取組み、それによる成果は興味のあるところです。福岡の地場の会社、中小企業での実践されている会社様等々のお話も聞いてみたいと思いました。
 

添付ファイル

ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)セミナー H23.2.7.pdf