福岡市男女共同参画推進センター アミカス

amikas facebook

TOP  >  イベントガイド  >  アミカス土曜シネマ「千の風になって」

2012-12-15 (土)
アミカス土曜シネマ「千の風になって」

アミカス土曜シネマ

           「 千の風になって 」

        アミカスの2階視聴覚室で無料DVD上映会を行います。
   12月の上映作品は「千の風になって」(2004年/107分 日本映画)です。


■作品紹介
 
「君は裸足の神を見たか」で監督デビューした金秀吉監督が手がけた、オムニバス的な色彩の中で生きる者と死せる者との関係を描く感動作。新潟放送のラジオ番組「ミュージックポスト」内の名物コーナー「天国への手紙」に寄せられた実話を基に、残された人間が先に逝った家族の記憶をどう受け止め生きていくか、その多様な姿を真摯に見つめる群像劇。3話オムニバスの人生ドラマ。

ャスト:西山繭子、伊藤高史、南果歩、水谷妃里、桂木梨江 他


☆日  時:12月15日(土)①午前の部 10:00~11:50
                 ②午後の部 14:00~15:50(締切)
    *午後の部は定員に達しましたので締め切りました。

                  
☆場  所:アミカス 2階視聴覚室

☆定  員:各50名(申込み先着順)

☆対  象:関心のある人(どなたでも)

☆託  児:6か月~就学前、無料(おやつ代100円必要)
         ※ 託児締め切り 12月5日(水)
 


☆申込方法☆
 下記の申し込みフォームに、住所・氏名・電話番号・参加人数・午前/午後の希望、託児希望の方はお子さまの名前と年齢を明記のうえ、お申込みください。電話・FAXでもお申し込みいただけます。入場整理券はお送りしませんので直接、会場にお越しください。


◆問い合わせ先
             アミカス TEL:092-526-3755 FAX:092-526-3766

 


添付ファイル
 pdf 千の風にのって(チラシ).pdf
参加人数

女性:74人

男性:18人

コメント

この映画は、新潟の人気ラジオ番組「天国への手紙」に寄せられた実話をもとに制作された3話のオムニバス映画です。参加者は高齢者の方が多く、アンケート回答者の90%が50歳以上の人達でした。エンディングロールで席を立つ人はなく、終了後に拍手が起こったことは初めてのことで、多くの方が感動されたのではないかと思いました。

(参加者からの主な感想)
日頃平凡に過ごしている自分、何事にももっと感謝したいと思った。
私達の世代になれば周囲の誰かや親しい人との別れがありましたので、身にしみます。
実話ということもあり、避けて通れない“別れ”にどう対応するか学びました。
高齢化が進行し、人の死、家族の死に向き合う機会が今後も多くなる時世に、大変タイムリーな企画だったと思う。今後もこの類の映像や講演を希望したい。
夫婦、親子、家族、愛の素晴らしさ。この愛の気持ちが一番。
古い新しいに関わらず、このような映画は忘れていたものを改めて思い起こし、優しい気持ちにさせてくれます。有難うございました。
誰でも避けることが出来ない死ですが、いずれ来るその時の為に、今生命ある一日一日を心を込めて過ごしたいと思いました。周囲の人々を大切にしながら。

 

添付ファイル

アミカス土曜シネマ「千の風になって」アンケート結果.pdf