福岡市男女共同参画推進センター アミカス

amikas facebook

TOP  >  イベントガイド  >  パパと子どもの夏休み大作戦!

2016-07-24 (日) ~ 2016-07-31 (日)
パパと子どもの夏休み大作戦!


パパと子どもで、夏休みの思い出を作りませんか?
親子で楽しく箸作りやクッキングをします。

2回連続の食育講座です。(どちらか1回のみの受講はできません)


★第1回
 2016年7月24日(日) 10:00~12:00
パパと子どものmy箸作り「目指せ!おはし名人」


竹を削って、世界にひとつのmy箸を作ります。
その後、親子で夏休みの作戦(目標・計画)を考えます。




講師:

長尾 朋貴
(スナオラボ代表)

1973年広島生まれ。
こども関連グッズを中心に、生活雑貨から、家具、インテリアまでをデザインしている。
オリジナル生活雑貨ブランド「SUNAOLAB.」は国内約50社、米国を始め海外3カ国で販売中。
一部商品
は、MoMA(ニューヨーク近代美術館)ショップでも販売。
3児の父で、育児の合間に仕事をするイクメン。
北川さんと開発した、子どもが安全に楽しく料理できる調理セット「TONTON」は、第17回福岡デザインアワード優秀賞を受賞。


         
会場:視聴覚室




★第2回
 2016年7月30日(土)、31日(日)のいずれか1日 10:30~14:00
パパと子どものクッキング「ねらえ!みそしる名人」

鹿児島県枕崎産のかつお節を削るところから始め、先生の自家製味噌を使って、本格だしの味噌汁を作ります。
講師の北川先生は、「はなちゃんのみそ汁」のはなちゃんの先生です!






メニュー
・コウジ(麹)くんのハンバーグ
・本格だしのみそ汁
・スティックサラダ
・フルーツかんてん




講師:

北川 みどり
(クッキングルームHappa代表)

食育指導士、調理師、食生活管理士、みそソムリエ。
両親が料理人だった影響を受け、幼い頃から料理、食べることが大好き。
2005年から食育を目的とした「子ども料理教室」、2006年から小学生男子の料理教室「厨房男子」を開講。
「だし」「みそ」などの日本の家庭料理を中心に「食べること」の大切さ、「作ること」の楽しさ、「誰かのために作り喜んでもらう喜び」を伝えている。
メディア出演、食育講座、多数!



会場:料理実習室




●参加費 
1組3,000円(2回分の材料費・保険料)

●対象者
 父親と小学生の子ども(1組2人・2回とも参加できる方)
 
※事業の趣旨により、母親の参加はできません。

●定員
24組(応募多数の場合は、抽選)
※第2回は、各日12組。

●託児
 6か月~就学前、無料。要予約。

●申し込み方法
 下記申込みフォームに、、父親の氏名、年齢、第2回の希望日(7/30か7/31)、子どもの氏名(ふりがな)と学年を添えて、お申込みください。
託児を希望される方は、お子様の氏名と年齢もお知らせください。

電話(平日9:30~18:00、日・祝日は17:00まで)、FAX、Eメールでもお申し込みいただけます。

1家族で複数回のお申込みはご遠慮ください。
締め切り後、応募者全員に抽選結果を郵送します。

●締め切り
2016年7月7日(木)必着。

主催 福岡市男女共同参画推進センター・アミカス



添付ファイル
 pdf チラシ(夏休み2016).pdf
参加人数

女性:19人

男性:33人

コメント

 第1回は、ナイフで木を削って、おしゃれなmy箸を作りました。第2回は、みそを中心としたメニューをつくりました。自分の作った料理を自分で作った箸で食べたら、味は格別だったようです。かつお節を削ったり、本物の麹を触ったり、先生の自家製みその年代別食べ比べをしたり、普段ではできないような体験ができました。おうちのお手伝いなどのミッションを達成した子どもたちには、ミッションパスポートにスタンプを押しました!


(参加者からの主な感想)
★第1回 パパと子どものmy箸作り「目指せ!おはし名人」

・子どもより私が楽しみました。
・親子で一緒に楽しめました。日常的に使用するものを作成するというのも良かったと思います。
・クラフトナイフの使い方を子どもが学ぶ良い機会になった。親子でもの作りをするのが楽しかった。
・一生の経験になりました。
・よくわかりやすい説明で、楽しく過ごせました。
・親子で参加できて、大変良い思い出になりました。
・子どもと一緒に工作が出来て楽しかったです。
・親子で充実した時間を共有できた。

子どもの感想
・インタビューをされてはずかしかったけどうれしかったです。またいってみたいです。
・ふだん家でお父さんと2人で何か作ることは少ないので、こういう場で作れてよかったです。
・おてつだいをつづけてお母さんをらくにしてあげたいので、また来週もきたいです。とても、たのしくて、さんかできてうれしかったです。こんどあるなら、またいきたいです。
・クラフトナイフでけずるところがむずかしかったけど、楽しかったです。
・一生のけいけんになったと思います。
・はしを作るのがむずかしかったけど、たのしかった。
・むずかしかったけど、お父さんと上手にできたのでよかったです。
・思ったよりも早くできて、つくり方もおぼえたので家でもやってみたいです。


★第2回 パパと子どものクッキング「ねらえ!みそしる名人」

・子どもと2人で初めて作りました。とっても楽しかったです。次回はみそ作りをしてみたいです。みそドレッシングは販売してほしいです。酒の肴にピッタリ。
・みそを使った料理と麹の実物を実感できたのは良い。
・子どもができてから料理をしなくなっていたので、これを機会に娘と料理を始めたい。
・ごはんがどんなことをやって料理として食べれるのかを子どもが身をもって経験出来ること、また兄弟がいる中で一人だけ特別に一緒に体験することに対する、とてもうれしそうな笑顔が見れて良かったです。
・娘と二人の時間が楽しかった。娘の普段見られない様子を見られて良かった。成長を感じる事ができた、とても有意義な時間を過ごすことができた。
・子どもと料理を作る機会は、ほとんどありませんし、他の家族の方々と共同で作業するという点も、良かったと思います。
・「みそ」でこんなにもごちそうができるんだなぁーと勉強になりました。先生方の教え方も丁寧で、とても楽しく料理ができました。下の子がアレルギーがあるので、下の子にも作ってあげられそうです!
・子どもの行動力が意外だった。
・子どもと料理する機会がほとんどありませんので、今日は良い思い出になりました。出来るだけ朝は味噌汁を飲みたいと思います。
・子どもに包丁の使い方を覚えさせる良い機会になりました。
・何種類か作る事で、段取りも考えて頭も使って料理が出来た事が子どものためになって良かったです。夏休みの良い思い出になりましたので、また来年も機会が合えば参加したいと思います。


子どもの感想
・今日お父さんとはじめてりょうりをつくれたので、うれしかったです。
・お母さんがいないで作ったのは初めてだと思うけど、しっかり作れておいしかったからよかった。
・ねぎを切る時目がいたかったけど、いろいろなことがたいけんできて楽しかったです。みそがしょっぱかったです。また、お母さんのたん生日の日につくってあげたいとおもいました。
・みそしるは作ったことはあるけど、とうもろこしを入れて食べるのは初めてでした。とうもろこしは苦手だったけど、みそしるにするとおいしかったです。
・ちょっとむずかしいところもあったけど、たのしかった。べんきょうにもなったし、パパもいっしょうけんめいだった。
・りょうりするのははじめてだったから、あまりじょうずにできないかなと思っていたけど、やってみて食べたらおいしかったから、家でちょうせんしたいです。
・おさらあらいがじょうずだから、何かいもやりたいです。
・料理をするのは楽しいと改めて思って、とくにかつおぶしをけずるのがおもしろかった。
・いろいろしょくざいを切るのをがんばって、食べる時にとてもおいしかったです。
・いつもおりょうりをしてなかったけど、かんてんやハンバーグをつくってみたくなったから、おりょうりがさんこうになりました。まいにちでもたべたいです。みそはくろいのがいちばんおいしかったです。
・今日の味噌汁がおいしかった。2013年~2016年の味噌がおいしい。
・かつおぶしをはじめてけずってたのしくて、家でもおかあさんがかってくれたらやろうとおもいました。
・はじめてあった人とこういうイベントでおしゃべりをしたり、協力できました!

添付ファイル

パパと子どもの夏休み大作戦2016アンケート結果.pdf